探偵

旦那の浮気を調べる方法・不倫調査探偵相談おすすめ

 

 

 

 

 

 

 

探偵業者に依頼する際に無視してはならないのは、諸経費や料金のことです。コストテーブルがあるとはいえ、依頼内容によって変わってきます。

 

 

 

不倫や親子関連の行動調査などでしたら、作業時間を1時間とすると相場的には3万円以下、2万円以上です。

 

相場を知ったところで結局はオーダーメイドですから、プロに相談して見積もってもらうのが最も簡単で、具体的な回答が得られると思います。許しがたい不倫行為を働いたパートナーへの復讐は、社会的な地位や信頼を抹殺することですよね。

 

もちろん、第三者を巻き込むに足りる証拠が必要ですが、それさえあれば、後はとことん「報い」を受けてもらうことができます。

 

ときには浮気の相手方の職場やPTA、親族などに密告する人もいるようです。

 

 

 

家族関係の悪化や失職するなど、碌なことにならないですよ。

 

 

それを分かってて不倫するほうが悪いんです。

 

 

浮気している人の嘘ってけっこうわかるんですよ。

 

それにはただストレートに聞いてみるだけでいいのです。嘘をつく人間というのはやたらとハキハキ回答したがりますから、それを見るだけです。短い質問なら簡単に答えれば良いのに、まるで物語のように話をふくらませるのもアウトでしょうね。

 

隠し事があればあるほど、沈黙を埋めるように、よく話しますからね。視線もキョドりますし、目線を追うとよく分かりますよ。不倫や素行調査を依頼すると費用がかかります。
気になるその精算の仕方ですが、古手の中堅以上のところでしたらローンを利用した分割払いやクレジットカードができるところもいくつかあります。
早く浮気の証拠が欲しいけれどもお金を貯めているヒマがないなんていう場合は、そうした会社を探して依頼すると機会を逃さなくて良いですね。

 

 

 

探偵社で働くには特別な資格は必要としません。

 

その代わり、不倫調査などのように具体的な仕事をこなすには、相応の能力や習熟が必要でしょう。ベテラン社員にも複数回の講習や試験を義務付けている会社もある一方、酷い会社になると1日講習を終えただけのバイトさんが調査するなんてこともないわけではなく、注意が必要です。

 

 

金銭という対価に合った仕事ができる探偵が調査することが結果を出す近道です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

原一探偵事務所

 

 

 

 

 

◎43年の調査実績・解決実績100,000件以上 探偵業界最大手の原一探偵事務所◎

 

 

 

「浮気調査」 「人探し」 「ストーカー対策」 「いじめ調査」 などを扱う総合探偵社

 

 

 

探偵業界で日本最大級の調査員数!社員数100名以上
(10年以上のベテラン調査員が多数在籍)

 

 

 

東京都弁護士協同組合の特約店
(※法廷では法律に違反した証拠は証拠としてみなされません)

 

 

 

全国主要都市に18拠点の全国ネットワーク

 

 

本社・川越

 

 

札幌・仙台・水戸・高崎・千葉・大宮(埼玉)・日本橋・新宿 (東京)・横浜・静岡・名古屋・大阪・神戸・岡山・松山・広島・福岡

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

原一探偵事務所 詳細はこちら

 

 

 

 

 

 

 

 

 

https://www.haraichi.co.jp/

 

 

 

 

 

 

 

 

 

街角相談所 -探偵-

 

 

 

 

 

 

初めての探偵探しに不安な方も匿名で費用見積もり

 

 

 

 

 

最初から探偵社・興信所への問い合わせに不安のある方へおすすめ

 

 

 

 

 

全国100社の興信所よりお悩みに合わせた探偵を紹介

 

 

 

 

 

他社のお見積もりより安い探偵を見つけるお手伝いも可能

 

 

 

 

 

 

 

 

浮気診断シミュレーター・匿名相談 詳細はこちら

 

 

 

 

 

 

 

 

http://hello-tantei.com/

 

 

 

 

 

 

 

 

 

HAL探偵社

 

 

 

 

 

 

ネットでできる・完全無料の浮気解決シュミレーターが好評のHAL探偵社

 

 

 

 

全国無料出張・即日対応も可能

 

 

 

 

 

 

業界初の完全成功報酬・後払い支払 (初期費用0円)

 

 

 

 

 

 

相談料0円・匿名OK

 

 

 

 

 

 

調査完了後最短3日で証拠資料のお渡しも可能

 

 

 

 

 

 

 

 

HAL探偵社 詳細はこちら

 

 

 

 

 

 

 

https://hal-tanteisya.com/

 

 

 

 

 

 

 

 

総合探偵社TS

 

 

 

 

 

 

浮気調査・人探し・いじめ調査などを扱う総合探偵社TS

 

 

 

 

TSの強みは・・・・・・

 

 

 

 

 

◎24時間365日 無料相談・見積受付

 

 

 

 

 

◎北海道〜沖縄まで全国対応

 

 

 

 

 

◎安心の料金設定(分割払い、カード払い可)
独自の調査料金体系を導入。調査は1時間単位から依頼することが可能

 

 

 

 

 

 

◎法律専門家の起用・警察OBも在籍

 

 

 

 

 

 

夫婦カウンセラーの資格を持つ調査員が、離婚あるいは復縁までご依頼者様のお考えをお聞きし
適切なアドバイス

 

 

 

 

 

 

 

 

総合探偵社TS 詳細はこちら

 

 

 

 

 

 

 

ISM探偵事務所

 

 

 

 

 

 

◎全国対応可能

 

 

独自のネットワークにより、北海道から沖縄まで全国で調査可能

 

遠方にお住まいの方も対応可

 

 

 

 

◎相談だけでOK

 

 

 

 

◎現場で経験を積んだ調査員

 

対応する調査員は当社の探偵学校で基礎を学び実践経験のあるスタッフ在住

 

探偵に必要な撮影技術や尾行術といったスキル・法律の知識にも精通

 

 

 

 

 

 

 

ISM探偵事務所  詳細はこちら

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

世間では男の浮気に泣く女性というイメージが強いですが、浮気をするのは男だけではないでしょう。スポーツや自治会、子供関連と、女性だって人と会う機会は多く、浮気がバレてみれば双方既婚者というのも多いように、人妻だからといって浮気しないわけではないのです。

 

 

 

近年、浮気する女性の数も増えてきていて、男性が興信所に浮気調査を依頼するケースが多くなっているようです。
お互い結婚している者同士の場合、不倫をやめる契機になるのは、実親や配偶者に妊娠を望まれたというのが実は結構多いのです。そこから相手に後ろめたさを感じるようになったり、W不倫の現実に愛想がつきるということもあるようです。

 

それから、転居、転勤、家族の入院などで距離と時間の都合がつきにくくなったとき、ここぞとばかりに別れようという気持ちになりやすいといわれています。
興信所や探偵への料金の決済(支払い)方法は、名のしれた大手探偵社等ではクレジットカード(一括や分割)やローンでの分割ができるところもいくつかあります。

 

 

一刻でも早く不倫の裏付けをとってほしいのに、支払いでためらっているのであれば、そうした会社に依頼するのも良いかもしれません。

 

ペットの迷子探しがあるせいか、混同されることもあるのが探偵業者と便利屋です。しかし、歴然とした法律上の違いがあるので今一度ご理解いただきたいと思います。様々な頼まれ仕事を引き受ける便利屋は開業許可等を必要としませんが、探偵業となると、その地域の警察署を通して公安委員会に開業開始届出書類を提出し、探偵業届出証明書の交付を受けなければ営業することはできません。きちんとした法律に定められているくらい高度で専門的な仕事と個人情報を扱うのが探偵業です。

 

 

 

パートナーとその浮気相手を別れさせるためには、きちんとした不倫の裏付けをとって、片方、ないし両方に慰謝料を求めるというのが一番です。

 

 

 

一般的に不倫というと、つまみ食いを楽しむ感で、さほど罪悪感を感じていないケースも多いですから、配偶者として正当な慰謝料を請求することで、自分たちがしたことを実感させることができるでしょう。興信所を選ぶ際の指標となる探偵能力というのは、企業としての規模によるところも大きいでしょう。フランチャイズで幅広いエリアをカバーしている会社は、機材や調査手法の刷新に余念がなく、時世に沿った体制づくりを模索しています。

 

一般的に大手の会社というのは、調査員はもちろん内勤の相談員などの教育にも積極的でそういう点が調査成果や報告書の精度にも表れてくると思います。以前も夫は浮気していたのですが、再びそんな素振りがあったので、インターネットで調べてみたんですけど、比較サイトや公式サイトがたくさん見つかりました。問い合わせは複数の会社に行い、思慮深く相談にのってくれたスタッフさんのいる会社に調査してもらいました。調査を頼むぐらいだから限りなくグレーなんですけど、時間や写真という裏付けがとれてしまうと、がっくりきました。探偵に浮気調査をやらせる場合、個人情報を伝えることなしに頼むことはできないので、少しでも良い会社を探したいと思うのは当然です。

 

 

 

安いアルバイト調査員がいるところなどに依頼したら、バイト気分とバイトレベルの調査能力のせいで意図しないトラブルに発展することがあります。

 

後悔しないために、ネットで情報を調べて、変な業者はふるい落としておくことが大事です。
不倫の慰謝料請求には期限があります。

 

 

不倫していた相手が明らかになってから3年、もしくは不倫の事実から20年間が請求期限となります。

 

ただ、時効間際といっても諦めないでください。

 

慰謝料請求訴訟を起こせば、この3年ないし20年という時間をいったんゼロに戻すことができるのです。

 

時効が迫っているなら、訴訟に踏み切ることを検討してみるべきです。
興信所や探偵業者は無料相談電話ではありませんので、調査をしてもらうときは料金がつきものです。調査員が行う作業いかんで見積額に違いが出てくることはやむを得ないでしょう。

 

 

 

もっとも依頼の多い追跡調査ですら、所要時間というものがあります。
日時をどのように区切って依頼するかによって料金に差異が出てきますので、普通に考えて、長時間となる作業なら、お金がかかると思ったほうが良いでしょう。興信所や探偵選びで迷ったら、とりあえず優先すべきは探偵社の所在地です。
ほとんどの人は自宅から通勤圏内でしか動きませんので、地域周辺に限って、ウェブで検索してみると良いでしょう。ある程度の選別ができたら最寄りの営業所か代表電話に電話して、話してみると良いでしょう。

 

現場の人と話をしてみないことには、良さそうな探偵社かどうかなんてわからないです。
電話番号を非表示にしてかけることもできるのですから、まずは電話です。32歳の主婦です。

 

6つ年長の夫と子供たち(8歳、6歳)と、実家の二世帯住宅に暮らしています。

 

しかし先月、彼が同じ職場の女性と不倫関係にあったことがわかり、両方の家族同士で話し合った末、離婚ということで合意しました。

 

まだまだ手のかかる年齢の子供を、今後は私がひとりで養育していく責任があります。

 

感情的にはもやもやが残りますが、離婚問題に詳しい弁護士に相談して間に入ってもらい、夫には養育費と慰謝料を合わせたものを、交際相手には慰謝料の支払いを求め、最終的に公正証書に仕立ててもらったのです。中堅どころの探偵社に探偵として勤務している者です。

 

 

浮気調査できちんとした成果を挙げられるかどうかは、要所ごとの手際の良さと、3カン(感、観、勘)が要すると思います。地道といいつつも予想外の出来事は多く、すぐ判断してベストな選択をしなければいけないので、気は抜けません。

 

浮気の場合は相手もいることですし、あくまでも内密に調査を遂行しないと多少疑われるだけでも依頼者にご迷惑を及ぼしかねないと思うため、細やかな注意を怠らないことは言うまでもありません。現実的な話、探偵に任される調査の大概は浮気調査です。ちょっと気にかかることがあるから、とりあえず不倫の有無だけ知りたいという依頼から、証拠を押さえて離婚したいといった要望まで、幅広い調査に応じています。

 

 

特に、不倫の相手方に慰謝料を請求するときは、確実な裏付けが必要ですから、その道のプロを利用するのがおすすめです。知らない探偵社に個人的に相談するのは抵抗感があるという人は少なくありません。もし最初から実名で相談することが不安というのであれば、名前を明かさずに相談できる業者も少なくないですし、とりあえずそこで相談し、これなら良さそうだと判断できたら、本名を伝えて詳しい話を詰めていくこともできるのです。
困ったことにダンナの浮気は、一時の気の迷いなんかではなく、まさに芋づる式でした。
それも私と結婚する前から、何度も不倫していて、同時に二股三股もかけられたかと思うと生理的な嫌悪感を覚えます。

 

 

 

そこまでいちいち確かめていてもしょうがないのですが、何度も浮気するのって、どうして直らないんでしょう。

 

 

許したところで繰り返すでしょうし、一緒にいる意味がわからなくなったので、別居とかいうのでなく、即離婚でしょうね。以前は携帯を目覚ましがわりにしていたのに、急にマナーモードにしだしたので、不倫もあるかもしれないなと疑うようになっても当然でしょう。もしかして元カノかと、チェックしてみましたが、こともあろうにしっかりロックされていて、手も足も出ませんでした。

 

かくなる上は興信所を頼むべきだと考えたのですが、昨年バイトしたときの貯金も少ししかありませんし、最初の一歩を踏み出せないでいます。浮気した伴侶への仕返しは、やはり、社会人としての信用や、公共の場での立ち位置をおびやかしてやるのが良いのではないでしょうか。もっとも、それをするには確固たる裏付けがなければダメなのですが、証拠さえ入手すれば、気の済むまで向こうを追い詰めることができるというものです。中には浮気相手への追及もぬかりなく、職場や家族、親族に浮気の事実を知らせる人もいます。

 

 

噂は消えず、家族関係も冷え、仕事も追われる。

 

 

 

まあ、さんざんな末路になるかもしれませんが、自業自得でしょう。よく不毛だと言われる不倫ですが、結末も様々です。

 

浮気の事実が知られ、仮面夫婦を続ける人もいれば、離婚したり、住宅ローンの精算や慰謝料などの問題に発展する場合もあるわけです。

 

 

そうかと思えば、離婚後に不倫相手と再婚することだってあります。

 

金銭面や精神面などで、さんざん苦労しても、めでたしめでたしと言えるエンディングは、求めてもムダというものでしょう。

 

 

探偵社による浮気の追跡調査では、成功報酬制を採用している事業所もあるようです。それって浮気の証拠を押さえない限りは無料ってことですよね。
ラッキーと思うでしょうが、調査対象が浮気しているかどうか微妙な場合や、日数の長期化があらかじめわかるケースでは受け付けてもらえないこともあるそうです。
当然ながら証拠をゲットする確率も高く、そのときに「うわっ」と思うような請求書をつきつけられることがあるようですから、あらかじめよく確認しておきましょう。

 

 

もし浮気されてしまった場合、それがわかった時は、どうしたって頭の中が真っ白になってしまうでしょう。

 

 

ただ、落ち着いてきてからで構わないので、その不貞行為へどう対処するかを考えるべきです。
だいたい不倫行為は、した人間の方に責任があるのです。

 

気持ちの上では割り切れないものがあるでしょうが、いままでどれだけ苦しんだか、その対価としての慰謝料を要求するのは当然のことです。一般的に不倫の証拠に使える写真というと、二人一緒にラブホテルなどに出入りするシーンは決定的です。頑張れば自分でも写真を撮れそうな気がしますが、よほど高性能なレンズでない限り不鮮明になることが多いです。確固たる裏付けとなるような高画質で撮影しなければ意味がないので、探偵業者を利用するほうが確実だと思います。
浮気で生まれたいわゆる婚外子でも、認知を求めることは可能で、民法上でも認められた正当な権利です。

 

 

戸籍に名前が記載されるだけでなく、子の養育費の支払いにも関わるため、子供とその親にとっては大事な手続きでしょう。浮気だからと認知に消極的なときは、訴訟を起こされることもあり、浮気の事実があれば否認は困難です。

 

子供なんて出来てしまったら大変ですから、どうにかして浮気を止めないと、長期的に見てかなりの不利益を被る危険性があります。

 

 

浮気調査を探偵に依頼するとき、本人に知らせずに尾行したり聞き及んだ情報等を顧客に売却する探偵の行動が違法なのではないかと心配に思う人も多いようです。

 

現行の探偵業者は「探偵業法」の範囲内で業務を行っているので、その点では極めて安全です。
探偵業法が2007年に施行される以前は、調査業務を取り扱う会社に関する統一の法規制が存在しなかったので、業者の違法行為による被害から個人を保護するために策定され、現在に至ります。たとえ調査内容が同一でも、浮気調査の代金は探偵社次第で結構な違いがあるようです。最初に連絡をとった会社に依頼する人が多いですが、あらかじめ複数の業者で見積書を提示してもらうのをおすすめします。それから、調査対象者となる人の交友関係や行き先などについて、探偵に可能な限り伝えることで、調査の無駄を省くことができ、コスト削減にもなりますし、仕事の精度も上がります。探偵社への支払いは現金だけしか受け付けないということはありません。

 

比較的大規模な探偵社の場合はクレジットカードでの決済に対応しています。
クレカの利用明細の表記で探偵だと分からないようにしているところも多いので、調査会社を使ったことが配偶者に分かることはありません。

 

 

カード会社の加盟店になるには条件を満たす必要がありますし、良い業者の目安ということにもなります。
不倫がわかり、これから離婚裁判や慰謝料の請求などを行う際は、浮気の証拠が不可欠です。

 

 

 

どのようなものでも証拠になるというわけではなく、体の関係があるのだと客観的に分かるメールに、配偶者とその相手がホテルから出てくる写真や、交際相手と交換した念書、旅行メモ等です。
それに、スマートフォンのメール、LINEのトーク履歴が証拠として採用されることが増えました。来週30歳の誕生日を迎える公務員です。

 

 

同い年の妻がいますが、子供はまだいません。

 

つい最近、同僚の男との浮気が判明。しかし、バレたとき、妻は謝るかと思ったのですが、まったくなし。それっきり話もしません。

 

 

 

頭がパニックです。
妻から傷つけられるとは思いませんでした。謝罪も反省もないなら、何か手を打とうと思っています。
一時的な遊興や逃避で始めた交際だったとしても、パートナーにしてみれば、人生観さえ変えかねない恐怖を感じるのが不倫です。

 

 

 

その許す事ができない行為を黙認することはありません。

 

 

 

不倫行為の裏付けをとる手段はやはり一番にあげられるのは携帯(スマホ)ですね。メール履歴がなくても、フリーメールやSNSを使って相手と連絡をとっている可能性は高いでしょう。
探偵業を営むにはとくに決まった資格や免許等は求められません。ただし、2007年に施行された探偵業法にのっとって、少なくとも探偵業を始める前日までに、営業所の管轄となる警察署経由で、公安委員会に届け出と誓約書を提出し、探偵業届出証明書を交付してもらって、認可された会社(個人も可)になることが大原則です。不動産取引の免許と同じで、見やすい場所に掲示してあるはずですよ。